総長挨拶

総長挨拶

立教大学 総長
吉岡 知哉

  この春、立教大学は体育会野球部の18年ぶりの六大学リーグ優勝、そして59年ぶりの全日本大学野球選手権大会優勝に沸き立ちました。優勝パレードの際には、本当にたくさんの人々が西口公園から立教通り沿道を埋め尽くし、勝利を祝いました。卒業生、現役学生、そして地元の方々が、立教とのつながりをあらためて意識し、一体感を味わう貴重な経験をすることができました。

 立教大学は現在、「RIKKYO VISION 2024」に基づき、様々な活動を展開しています。日本の学生が内向きになっていると言われるなかで、立教生の多くが海外に出かけています。GLAP(Global Liberal Arts Program)をはじめとする革新的な試みも進み、キャンパス自体が着実に国際化しています。立教サービスラーニングや陸前高田サテライトの活動など、共生のための知恵と知識を身につけるプログラムも展開しています。激動の時代、立教大学はリベラルアーツの伝統を踏まえ、新たな進化を続けています。

 図書館やラーニングコモンズでは、休みの日でも多くの学生たちが学び、仲間と活動しています。ホームカミングデーの1日、学生時代を懐かしむとともに、立教の新しい雰囲気、キャンパスに漲る若々しい力も感じ取っていただけると幸いです。

 どうぞごゆっくりとお過ごしください。